読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterのユーザー個別ページ刷新のweb以外への影響

Twitter

2012-10-02 追記: 公式な解説がアップされています Profile Images and Banners | Twitter Developers


(注: このエントリの内容は独自調査に基づくものであり、Twitter社の公式見解ではありません)


Twitter Japan Blog | Twitter Blogs

というわけで、今日からTwitterのユーザー個別ページのデザインが新しくなったようです。

しかし、自分のページを見ても変わってない……? と不思議に思ったのですが、
どうやらデザイン設定にある「ヘッダー」に画像を設定しているかどうかで、旧デザインか新デザインかの判定をしているようです。

APIからヘッダ画像のURLを取得

「ヘッダー」に画像を設定しているユーザーの情報をAPIで取得すると、Usersオブジェクトに profile_banner_url という項目が増えています。これがヘッダー画像のURLのようです。

しかし、URLにそのままアクセスしても、「AccessDenied」とエラーになってしまいます。実際に使われている画像は、末尾に文字列を追加したURLのようです。

文字列 デバイス
/web Web
/mobile mobile, iPhone, Android
/ipad iPad

ちなみに 2012-09-18 23:00:00 JST 現在、dev.twitter.com上に新しい値の説明はありませんでした。 (^-^;
Users | Twitter Developers

iOS, Android向けアプリ

アップデートすると、ユーザーページがヘッダー画像を設定しているかどうかに関わらず新しいデザインで表示されます。
そしてこの新しいデザイン、自己紹介(description)が長いと途中でぶった切られてしまいます。

右にスワイプしても読めません。今後のアップデートで対応されるんでしょうか。